このブログでもいくつか表示されているGoogleアドセンス広告。

元々は自分で広告の位置を設定していましたが、現在「やごブログ。」では自動で広告が表示される設定にしています。

このGoogleアドセンス自動広告、ブロガーさんであれば効果が気になるはず。
今回はこの自動広告についてのお話です。

Googleアドセンスは自動広告のが稼ぎやすい

自分で考えて広告を貼るのと、自動広告に任せるのでは何がどう違うのか、少しまとめてみます。

掲載される広告の量

以前は、このブログでは「最初の見出しの上」と「記事下」に広告を設置していました。

ですが、自動広告を設定してから、記事内に好き放題広告が出ています。笑

あまり良く聞こえないかもしれませんが、収益は増えてます。
表示される広告の量が増えてるので、当たり前といえば当たり前ですが(;^ω^)

自分で位置を決めることで記事の読みやすさを調整ができ、ユーザビリティは高まるはず。
ですが、やはり広告の量は一定となるため、広告収入の大きな伸びはやや期待しづらいです。

逆に、自動広告であれば、表示される広告量が自動で調整されるため、自分で広告数を決めてしまうよりは収益が伸びやすくなります。
ただ、記事の位置が調整できないので、場合によってはユーザビリティが損なわれるという懸念も。

ユーザビリティ(見やすさなど)

これを踏まえて、このブログでは自動広告を設定しています。

というのも、自動広告もただ適当に広告を表示しているわけではなく、一定の計算や法則をもとに設置している様子が見られるからです。

自動広告では、Google の機械学習技術を使用して次のことが行われます。
  • ページ構成を把握する。
  • ページに掲載されている既存の Google 広告を検出する(他の広告ネットワークからの広告は検出できません)。
  • ページのレイアウト、ページ上のコンテンツの量、既存の Google 広告といったさまざまな要素に基づいて、自動的に新しい広告を掲載する。
サイトに変更を加えた場合は、その変更が自動的に検出され、ページの再分析が行われます。

引用:自動広告について - AdSense ヘルプ

実際に表示されている広告を見てみると、大体「見出しの上」だったり「太字が入った段落の下」とかに広告が表示されています。

読んでいて「邪魔!」と思うことも少なく、自動表示の精度の高さにちょっと驚いてます(^ω^)

関連広告・オーバーレイ広告などの設定は注意が必要

関連広告、オーバーレイ広告といった、通常では設置できないような広告も、自動広告の設定から可能になります。

例えば画面の上か下に固定表示される「オーバーレイ広告」だったり、関連記事の部分に表示される「関連コンテンツ」(条件クリアで手動設定できるようになります)なども、自動広告で設置できます。

ただ、オーバーレイ広告に関しては、結構うっとうしく感じる方も多いようで、見る人によってはすぐブラウザバックされてしまいます。

この辺りはシビアなので、直帰率などを見て表示させるかどうか判断するしかなさそうです。
個人的にはあんまりお勧めしません(;´Д`)

アドセンス初心者は自動広告に頼るのが吉

あくまで個人的な体感ですが、「記事内広告」「インフィード広告」「関連コンテンツ」あたりを自動設定しておけば、アドセンス初心者の方は収益アップを狙えるのではないかと思います。

「アドセンスをどこに設置しよう…?」と悩みすぎていては、肝心なコンテンツ部分の作成がおろそかになってしまいます。

ある程度自動にお任せしておくことで気持ち的な負担も減りますし、記事の作成に時間を最大限使うことができます。
なので、個人的には自動広告を設定するのは良い選択だと思っています。

扱いに慣れるまでは自動、慣れてきたら様子を見ながら手動、というのがベストですね(^ω^)

【体感】Googleアドセンス自動広告ってどう?【自分で貼るより良さげ】

このブログでもいくつか表示されているGoogleアドセンス広告。

元々は自分で広告の位置を設定していましたが、現在「やごブログ。」では自動で広告が表示される設定にしています。

このGoogleアドセンス自動広告、ブロガーさんであれば効果が気になるはず。
今回はこの自動広告についてのお話です。

Googleアドセンスは自動広告のが稼ぎやすい

自分で考えて広告を貼るのと、自動広告に任せるのでは何がどう違うのか、少しまとめてみます。

掲載される広告の量

以前は、このブログでは「最初の見出しの上」と「記事下」に広告を設置していました。

ですが、自動広告を設定してから、記事内に好き放題広告が出ています。笑

あまり良く聞こえないかもしれませんが、収益は増えてます。
表示される広告の量が増えてるので、当たり前といえば当たり前ですが(;^ω^)

自分で位置を決めることで記事の読みやすさを調整ができ、ユーザビリティは高まるはず。
ですが、やはり広告の量は一定となるため、広告収入の大きな伸びはやや期待しづらいです。

逆に、自動広告であれば、表示される広告量が自動で調整されるため、自分で広告数を決めてしまうよりは収益が伸びやすくなります。
ただ、記事の位置が調整できないので、場合によってはユーザビリティが損なわれるという懸念も。

ユーザビリティ(見やすさなど)

これを踏まえて、このブログでは自動広告を設定しています。

というのも、自動広告もただ適当に広告を表示しているわけではなく、一定の計算や法則をもとに設置している様子が見られるからです。

自動広告では、Google の機械学習技術を使用して次のことが行われます。
  • ページ構成を把握する。
  • ページに掲載されている既存の Google 広告を検出する(他の広告ネットワークからの広告は検出できません)。
  • ページのレイアウト、ページ上のコンテンツの量、既存の Google 広告といったさまざまな要素に基づいて、自動的に新しい広告を掲載する。
サイトに変更を加えた場合は、その変更が自動的に検出され、ページの再分析が行われます。

引用:自動広告について - AdSense ヘルプ

実際に表示されている広告を見てみると、大体「見出しの上」だったり「太字が入った段落の下」とかに広告が表示されています。

読んでいて「邪魔!」と思うことも少なく、自動表示の精度の高さにちょっと驚いてます(^ω^)

関連広告・オーバーレイ広告などの設定は注意が必要

関連広告、オーバーレイ広告といった、通常では設置できないような広告も、自動広告の設定から可能になります。

例えば画面の上か下に固定表示される「オーバーレイ広告」だったり、関連記事の部分に表示される「関連コンテンツ」(条件クリアで手動設定できるようになります)なども、自動広告で設置できます。

ただ、オーバーレイ広告に関しては、結構うっとうしく感じる方も多いようで、見る人によってはすぐブラウザバックされてしまいます。

この辺りはシビアなので、直帰率などを見て表示させるかどうか判断するしかなさそうです。
個人的にはあんまりお勧めしません(;´Д`)

アドセンス初心者は自動広告に頼るのが吉

あくまで個人的な体感ですが、「記事内広告」「インフィード広告」「関連コンテンツ」あたりを自動設定しておけば、アドセンス初心者の方は収益アップを狙えるのではないかと思います。

「アドセンスをどこに設置しよう…?」と悩みすぎていては、肝心なコンテンツ部分の作成がおろそかになってしまいます。

ある程度自動にお任せしておくことで気持ち的な負担も減りますし、記事の作成に時間を最大限使うことができます。
なので、個人的には自動広告を設定するのは良い選択だと思っています。

扱いに慣れるまでは自動、慣れてきたら様子を見ながら手動、というのがベストですね(^ω^)

次に読まれている記事