Search Consoleに「ドメインプロパティ」登録機能が追加されました。

これにより、登録したドメインのプロトコル(http/https)、サブドメイン(wwwあり/なしなど)を一括して、検索パフォーマンスなどのデータをチェックすることができます。

今回は、お名前.comで取得した独自ドメインを対象に、お名前.comのDNSレコード設定で所有権の確認を行う方法をまとめました。

お名前.comのDNSレコード設定で所有権の確認を行う方法

まずはSearch Console側でドメインプロパティ登録を始めます。

「+プロパティを追加」をクリックします。

「+プロパティを追加」をクリック
(C)Google

「プロパティタイプの選択」では「ドメイン」側に入力します。

「プロパティタイプの選択」では「ドメイン」側に入力
(C)Google

登録を進めていくと、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」という表示が出てきます。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面
(C)Google

(すこし違う表示だと思いますが、内容は一緒です)

ここで、真ん中に表示されている「google-site-vertification=~」というコードをコピーしておきます。

お名前.comでDNSレコードの設定を行う

お名前.comにログインし、「DNS」タブを開きます。

「ドメインのDNS関連機能設定」を選択し、「次へ」をクリックします。

次に、登録するドメインを選択し、「次へ」をクリックします。

「DNSレコードを利用する」の「設定する」をクリックします。

すると、次のような入力画面が表示されます。

以下の通りに入力します。

  • ホスト名:空欄のままでOK
  • TYPE:「TXT」を選択
  • TTL:そのままでOK
  • VALUE:先程コピーした「google-site-vertification=~」のコードを貼り付ける
  • 状態:「有効」を選択

入力し終わったら「追加」をクリックします。

一番下の「確認画面へ進む」をクリックします。

入力に誤りがないか確認し、問題なければ「設定する」をクリックします。

これでお名前.comでの作業は完了です。

設定が反映されるまで少し時間がかかります。
(自分の場合は5分ほどで反映されました)

Search Consoleでドメイン所有権の確認を完了させる

Search Consoleに戻り、右下の「確認」をクリックします。

DNSレコードの設定が反映されていれば、「所有権を確認しました」と表示されます。

うまく反映されていない、または反映に時間がかかっている場合は「所有権が確認できませんでした」と表示されます。
正しく入力されていれば時期に反映されるので、少し待ってみてから再度「確認」をクリックしてみてください。

サイドバーの「設定」→「所有権の確認」を開くと状況が確認ができます。
「確認が完了しました」と表示されていればOKです。

(C)Google

これで作業はおしまいです。
お疲れさまでした。

※Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

【Search Console】お名前.comでドメインプロパティ所有権を確認する方法【DNSレコード設定】

Search Consoleに「ドメインプロパティ」登録機能が追加されました。

これにより、登録したドメインのプロトコル(http/https)、サブドメイン(wwwあり/なしなど)を一括して、検索パフォーマンスなどのデータをチェックすることができます。

今回は、お名前.comで取得した独自ドメインを対象に、お名前.comのDNSレコード設定で所有権の確認を行う方法をまとめました。

お名前.comのDNSレコード設定で所有権の確認を行う方法

まずはSearch Console側でドメインプロパティ登録を始めます。

「+プロパティを追加」をクリックします。

「+プロパティを追加」をクリック
(C)Google

「プロパティタイプの選択」では「ドメイン」側に入力します。

「プロパティタイプの選択」では「ドメイン」側に入力
(C)Google

登録を進めていくと、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」という表示が出てきます。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面
(C)Google

(すこし違う表示だと思いますが、内容は一緒です)

ここで、真ん中に表示されている「google-site-vertification=~」というコードをコピーしておきます。

お名前.comでDNSレコードの設定を行う

お名前.comにログインし、「DNS」タブを開きます。

「ドメインのDNS関連機能設定」を選択し、「次へ」をクリックします。

次に、登録するドメインを選択し、「次へ」をクリックします。

「DNSレコードを利用する」の「設定する」をクリックします。

すると、次のような入力画面が表示されます。

以下の通りに入力します。

  • ホスト名:空欄のままでOK
  • TYPE:「TXT」を選択
  • TTL:そのままでOK
  • VALUE:先程コピーした「google-site-vertification=~」のコードを貼り付ける
  • 状態:「有効」を選択

入力し終わったら「追加」をクリックします。

一番下の「確認画面へ進む」をクリックします。

入力に誤りがないか確認し、問題なければ「設定する」をクリックします。

これでお名前.comでの作業は完了です。

設定が反映されるまで少し時間がかかります。
(自分の場合は5分ほどで反映されました)

Search Consoleでドメイン所有権の確認を完了させる

Search Consoleに戻り、右下の「確認」をクリックします。

DNSレコードの設定が反映されていれば、「所有権を確認しました」と表示されます。

うまく反映されていない、または反映に時間がかかっている場合は「所有権が確認できませんでした」と表示されます。
正しく入力されていれば時期に反映されるので、少し待ってみてから再度「確認」をクリックしてみてください。

サイドバーの「設定」→「所有権の確認」を開くと状況が確認ができます。
「確認が完了しました」と表示されていればOKです。

(C)Google

これで作業はおしまいです。
お疲れさまでした。

※Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

次に読まれている記事