「パンくずリスト」とは、現在開いているページがサイトのどの位置・階層にあるかをわかりやすく示したものです
本ブログでも、記事ページの一番下に設置しています。

Bloggerテーマによっては最初からパンくずリストが設定されているものもあります。
ですが、本ブログが使っている「Viral Pro」にはパンくずリストがありませんでした。

今回は、Bloggerブログでパンくずリストをなるべく簡単に設定するための手順を紹介します。

SEO(Google検索結果)対策への効果も少なからずあるので、まだ設置していないという方は忘れずに設定しましょう。

【SEO効果あり】Bloggerでパンくずリストを設定しよう

まずは、Bloggerにパンくずリストの機能を追加してあげます。
サイドバーの「テーマ」→「HTML編集」を開きましょう。
必ずテーマのバックアップを取ってから編集を始めてください

次に、「<b:includable id='comment-form' var='post'>」という文字列を探します。
「Ctrlキー」+「Fキー」で検索窓を表示し、「<b:includable」と入力して「Enterキー」を何度か押して見つけましょう。

見つかったら、「<b:includable id='comment-form' var='post'>」の真上に、以下のコードを貼りつけてください。

<b:includable id='breadcrumb' var='posts'>
<b:if cond='data:blog.homepageUrl != data:blog.url'>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;static_page&quot;'>
<div class='breadcrumbs'><span><a expr:href='data:blog.homepageUrl' rel='tag'>Home</a></span> &#65310; <span><data:blog.pageName/></span></div>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;item&quot;'>
<b:loop values='data:posts' var='post'>
<b:if cond='data:post.labels'>
<div class='breadcrumbs' xmlns:v='http://rdf.data-vocabulary.org/#'>
<span typeof='v:Breadcrumb'><a expr:href='data:blog.homepageUrl' property='v:title' rel='v:url'>Home</a></span>
<b:loop values='data:post.labels' var='label'>
<b:if cond='data:label.isLast == &quot;true&quot;'>
&#65310; <span typeof='v:Breadcrumb'><a expr:href='data:label.url' property='v:title' rel='v:url'><data:label.name/></a></span>
</b:if>
</b:loop>
&#65310; <span><data:post.title/></span>
</div>
<b:else/>
<div class='breadcrumbs'><span><a expr:href='data:blog.homepageUrl' rel='tag'>Home</a></span> &#65310; <span>Unlabelled</span> &#65310; <span><data:post.title/></span></div>
</b:if>
</b:loop>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;archive&quot;'>
<div class='breadcrumbs'>
<span><a expr:href='data:blog.homepageUrl'>Home</a></span> &#65310; <span>Archives for <data:blog.pageName/></span>
</div>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;index&quot;'>
<div class='breadcrumbs'>
</div>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:includable>

続いて、パンくずリストを実際に作成するコードを導入します。

<div class='blog-posts hfeed'>」という文字列を探しましょう。

見つかったら、その文字列の直後に、以下のコードを貼り付けます。

<b:include data='posts' name='breadcrumb'/>

これで、記事ページの一番上にパンくずリストが表示されているはずです。

見た目や位置に関しては、style属性で調整したりコードの位置を色々貼り替えてみてください。
本ブログでは以下のように記述しています。

<div style='font-size:12px;margin:10px;'>
    <b:include data='posts' name='breadcrumb'/>
</div>

カスタマイズ初心者の方には少しややこしい作業かもしれません。
ですが、読者からしても便利な機能なので、しっかりと設定しておきましょう。

不明な点があればTwitterで気軽に聞いてください(^ω^)

≫関連:ブログのアクセスアップのためにPing送信する超絶簡単な方法

【SEO効果あり】Bloggerでパンくずリストを設定しよう【コピペでOK】

「パンくずリスト」とは、現在開いているページがサイトのどの位置・階層にあるかをわかりやすく示したものです
本ブログでも、記事ページの一番下に設置しています。

Bloggerテーマによっては最初からパンくずリストが設定されているものもあります。
ですが、本ブログが使っている「Viral Pro」にはパンくずリストがありませんでした。

今回は、Bloggerブログでパンくずリストをなるべく簡単に設定するための手順を紹介します。

SEO(Google検索結果)対策への効果も少なからずあるので、まだ設置していないという方は忘れずに設定しましょう。

【SEO効果あり】Bloggerでパンくずリストを設定しよう

まずは、Bloggerにパンくずリストの機能を追加してあげます。
サイドバーの「テーマ」→「HTML編集」を開きましょう。
必ずテーマのバックアップを取ってから編集を始めてください

次に、「<b:includable id='comment-form' var='post'>」という文字列を探します。
「Ctrlキー」+「Fキー」で検索窓を表示し、「<b:includable」と入力して「Enterキー」を何度か押して見つけましょう。

見つかったら、「<b:includable id='comment-form' var='post'>」の真上に、以下のコードを貼りつけてください。

<b:includable id='breadcrumb' var='posts'>
<b:if cond='data:blog.homepageUrl != data:blog.url'>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;static_page&quot;'>
<div class='breadcrumbs'><span><a expr:href='data:blog.homepageUrl' rel='tag'>Home</a></span> &#65310; <span><data:blog.pageName/></span></div>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;item&quot;'>
<b:loop values='data:posts' var='post'>
<b:if cond='data:post.labels'>
<div class='breadcrumbs' xmlns:v='http://rdf.data-vocabulary.org/#'>
<span typeof='v:Breadcrumb'><a expr:href='data:blog.homepageUrl' property='v:title' rel='v:url'>Home</a></span>
<b:loop values='data:post.labels' var='label'>
<b:if cond='data:label.isLast == &quot;true&quot;'>
&#65310; <span typeof='v:Breadcrumb'><a expr:href='data:label.url' property='v:title' rel='v:url'><data:label.name/></a></span>
</b:if>
</b:loop>
&#65310; <span><data:post.title/></span>
</div>
<b:else/>
<div class='breadcrumbs'><span><a expr:href='data:blog.homepageUrl' rel='tag'>Home</a></span> &#65310; <span>Unlabelled</span> &#65310; <span><data:post.title/></span></div>
</b:if>
</b:loop>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;archive&quot;'>
<div class='breadcrumbs'>
<span><a expr:href='data:blog.homepageUrl'>Home</a></span> &#65310; <span>Archives for <data:blog.pageName/></span>
</div>
<b:else/>
<b:if cond='data:blog.pageType == &quot;index&quot;'>
<div class='breadcrumbs'>
</div>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:if>
</b:includable>

続いて、パンくずリストを実際に作成するコードを導入します。

<div class='blog-posts hfeed'>」という文字列を探しましょう。

見つかったら、その文字列の直後に、以下のコードを貼り付けます。

<b:include data='posts' name='breadcrumb'/>

これで、記事ページの一番上にパンくずリストが表示されているはずです。

見た目や位置に関しては、style属性で調整したりコードの位置を色々貼り替えてみてください。
本ブログでは以下のように記述しています。

<div style='font-size:12px;margin:10px;'>
    <b:include data='posts' name='breadcrumb'/>
</div>

カスタマイズ初心者の方には少しややこしい作業かもしれません。
ですが、読者からしても便利な機能なので、しっかりと設定しておきましょう。

不明な点があればTwitterで気軽に聞いてください(^ω^)

≫関連:ブログのアクセスアップのためにPing送信する超絶簡単な方法

次に読まれている記事