PageSpeed Insightsには「次世代フォーマットでの画像の配信」という改善項目があります。

本ブログも引っかかっていたので、改善策や考察をまとめておきます。

「次世代フォーマットでの画像の配信」の改善について

先に述べておくと、実はやごブログでは、この改善項目はスルーしています(;^ω^)

理由は以下の3つです。

従来フォーマットでも圧縮すれば容量はだいぶ小さくなる

当ブログでは基本的にJPEG形式の画像を使用していますが、次世代のフォーマットでなくても十分容量は圧縮できていると感じています。

自分はJPEGの圧縮に「オンラインでJPG画像を無料で圧縮 - iLoveIMG」を利用させていただいています。

圧縮率はいつも80~90%くらいになるので驚きです。
手軽にサイズ圧縮ができるので、最低限これだけはやっておきたいですね。

関連:登録不要。ブロガー・コーダーお役立ちツール【自分用メモ】

WordPressでの利用に難あり

WordPressのメディアは標準では次世代フォーマットのアップロードに対応していません。
「セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。」と表示されてしまいます。

一応WordPressでもプラグインを導入すれば扱うことはできますが、脆弱性や低速化といったプラグインを使うデメリットを考慮すると得策とは言えません。
関連:ワードプレスのプラグインに危険性?入れすぎのデメリット

単純にちょっと面倒…

結局これが一番の理由かもしれません( ;∀;)

今後、環境が整えば差し替えを考えていますが、今は単純にメリットばかりではないので、対処は見送っています。

おまけ:従来フォーマットをWebPに変換するツール

いずれお世話になる事と思うので、従来フォーマット→WEBPに変換できるツールをチェックしておきました。

実際に使ってみると確かに圧縮率はすごいので、お試しで使ってみても良いかもです。

≫WEBP変換ツール (jpg、pngとwebpを相互変換) - SYNCER
≫WEBP JPG 変換。オンライン フリー — Convertio

※本ブログは現在「Blogger」サービスを利用しています。

「次世代フォーマットでの画像の配信」の改善について+画像変換ツール【PageSpeed Insights】

PageSpeed Insightsには「次世代フォーマットでの画像の配信」という改善項目があります。

本ブログも引っかかっていたので、改善策や考察をまとめておきます。

「次世代フォーマットでの画像の配信」の改善について

先に述べておくと、実はやごブログでは、この改善項目はスルーしています(;^ω^)

理由は以下の3つです。

従来フォーマットでも圧縮すれば容量はだいぶ小さくなる

当ブログでは基本的にJPEG形式の画像を使用していますが、次世代のフォーマットでなくても十分容量は圧縮できていると感じています。

自分はJPEGの圧縮に「オンラインでJPG画像を無料で圧縮 - iLoveIMG」を利用させていただいています。

圧縮率はいつも80~90%くらいになるので驚きです。
手軽にサイズ圧縮ができるので、最低限これだけはやっておきたいですね。

関連:登録不要。ブロガー・コーダーお役立ちツール【自分用メモ】

WordPressでの利用に難あり

WordPressのメディアは標準では次世代フォーマットのアップロードに対応していません。
「セキュリティ上の理由によりこのファイル形式は許可されていません。」と表示されてしまいます。

一応WordPressでもプラグインを導入すれば扱うことはできますが、脆弱性や低速化といったプラグインを使うデメリットを考慮すると得策とは言えません。
関連:ワードプレスのプラグインに危険性?入れすぎのデメリット

単純にちょっと面倒…

結局これが一番の理由かもしれません( ;∀;)

今後、環境が整えば差し替えを考えていますが、今は単純にメリットばかりではないので、対処は見送っています。

おまけ:従来フォーマットをWebPに変換するツール

いずれお世話になる事と思うので、従来フォーマット→WEBPに変換できるツールをチェックしておきました。

実際に使ってみると確かに圧縮率はすごいので、お試しで使ってみても良いかもです。

≫WEBP変換ツール (jpg、pngとwebpを相互変換) - SYNCER
≫WEBP JPG 変換。オンライン フリー — Convertio

※本ブログは現在「Blogger」サービスを利用しています。

次に読まれている記事