やりたいこと、やらなきゃいけないこと。

たくさんあっても、すぐ行動に移すのって案外難しいですよね。

今回は、めんどくさがりを治すため、「思い立ったら即行動」を実現する3つのコツをご紹介したいと思います。

思い立ったら即行動!を実現するための3つのコツ

簡潔にまとめると、

・5秒以内に動く意識を持つ
・すぐに達成後のご褒美を設定する
・周囲の人に宣言してしまう

この3つをマスターするだけで、めんどくさがりは克服できます。

5秒以内に動く意識を持つ

メル・ロビンスの「5秒の法則(5秒ルール)」というものがあります。
≫How to stop screwing yourself over - Mel Robbins|TEDxSF

カンタンにいうと、人間は「コレをしたい!」と思っても、5秒経ってしまうと行動に移せなくなってしまう、という理論です。
「確かに…!」と思った方も多いはず。

爪を切ろう!…あ、やっぱりいいや。
トイレに行こう!…まぁまだ我慢できるかな。
勉強しよう!…いや、後回しだ。

何事も、思いついてから5秒ほど経つと「めんどくさい」と思って動けなくなってしまうんですよね。

逆にいえば、5秒以内に行動に移してしまえば、その後は自然と体が動いてくれます。

身近な小さいことからでいいので、「最初の5秒が肝心」という意識をもって生活してみてください。

すぐに達成後のご褒美を設定する

これが終わったらケーキを食べる。
これを達成出来たら欲しかった服を買う。

こうしたご褒美をいくつか脳内ストックしておき、何かしたい事を思いついた後に即座にご褒美を設定してあげてください。

人間は行動して得られるメリットが少ないと、行動すること自体を億劫に感じ、動けなくなってしまいます。

ご褒美の威力はバカにならないので、ちゃんと行動できた自分に「エライ!」とご褒美を与える習慣を身に付けましょう。

周囲の人に宣言してしまう

「今からこの課題を全て終わらせるよ!」
「ちゃんと○○するから見てて!」

たとえ無理そうだと感じていても、口に出して人に伝えてしまうことがポイントです。

人に伝えることで監督者を設定し、責任感を自らに感じさせることで、行動に移すためのトリガーを作りましょう。

人間、無理だと思っていても、意外とそれなりにこなせてしまうものです。

まとめ:思い立ったら即行動!を実現するために

  • 思いついたら5秒以内に動く癖を身につける
  • ちゃんと行動できた未来の自分を褒める
  • 選手宣誓して動かなきゃいけない状況を作る

この3つの要素をマスターできたら、よほどのことがない限り何でもすぐに動き出せます。

動けない自分から動ける自分になるために、「即行動」を達成できるようお互い頑張っていきましょう(´∀`)

【めんどくさい病は治る】「即行動」を実現する3つのコツ

やりたいこと、やらなきゃいけないこと。

たくさんあっても、すぐ行動に移すのって案外難しいですよね。

今回は、めんどくさがりを治すため、「思い立ったら即行動」を実現する3つのコツをご紹介したいと思います。

思い立ったら即行動!を実現するための3つのコツ

簡潔にまとめると、

・5秒以内に動く意識を持つ
・すぐに達成後のご褒美を設定する
・周囲の人に宣言してしまう

この3つをマスターするだけで、めんどくさがりは克服できます。

5秒以内に動く意識を持つ

メル・ロビンスの「5秒の法則(5秒ルール)」というものがあります。
≫How to stop screwing yourself over - Mel Robbins|TEDxSF

カンタンにいうと、人間は「コレをしたい!」と思っても、5秒経ってしまうと行動に移せなくなってしまう、という理論です。
「確かに…!」と思った方も多いはず。

爪を切ろう!…あ、やっぱりいいや。
トイレに行こう!…まぁまだ我慢できるかな。
勉強しよう!…いや、後回しだ。

何事も、思いついてから5秒ほど経つと「めんどくさい」と思って動けなくなってしまうんですよね。

逆にいえば、5秒以内に行動に移してしまえば、その後は自然と体が動いてくれます。

身近な小さいことからでいいので、「最初の5秒が肝心」という意識をもって生活してみてください。

すぐに達成後のご褒美を設定する

これが終わったらケーキを食べる。
これを達成出来たら欲しかった服を買う。

こうしたご褒美をいくつか脳内ストックしておき、何かしたい事を思いついた後に即座にご褒美を設定してあげてください。

人間は行動して得られるメリットが少ないと、行動すること自体を億劫に感じ、動けなくなってしまいます。

ご褒美の威力はバカにならないので、ちゃんと行動できた自分に「エライ!」とご褒美を与える習慣を身に付けましょう。

周囲の人に宣言してしまう

「今からこの課題を全て終わらせるよ!」
「ちゃんと○○するから見てて!」

たとえ無理そうだと感じていても、口に出して人に伝えてしまうことがポイントです。

人に伝えることで監督者を設定し、責任感を自らに感じさせることで、行動に移すためのトリガーを作りましょう。

人間、無理だと思っていても、意外とそれなりにこなせてしまうものです。

まとめ:思い立ったら即行動!を実現するために

  • 思いついたら5秒以内に動く癖を身につける
  • ちゃんと行動できた未来の自分を褒める
  • 選手宣誓して動かなきゃいけない状況を作る

この3つの要素をマスターできたら、よほどのことがない限り何でもすぐに動き出せます。

動けない自分から動ける自分になるために、「即行動」を達成できるようお互い頑張っていきましょう(´∀`)

次に読まれている記事