今回はBloggerの設定画面にある「独自のrobots.txt」の書き方についてまとめました。

Google検索に正しく表示してもらうために、適切に「robots.txt」を設定しておく必要があります。
コピペでOKなので、忘れずに設定しておきましょう。

Bloggerでrobots.txtを設定する方法

Bloggerでrobots.txtを設定する方法
(C)Google

1.Blogger管理画面で「設定」→「検索設定」と移動する

2.「クローラーとインデックス」の「独自のrobots.txt」の横にある編集ボタンをクリック

3.「独自のrobots.txtのコンテンツを有効にしますか?」と表示されるので、「はい」を選択

4.テキストボックスにrobots.txtのコードを入力し、「変更を保存」をクリック

(5.サーチコンソールで反映を確認)

robots.txtの設定内容について

こちらはデフォルト設定です。

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent: *
Disallow: /search
Allow: /

https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml
(サーチコンソールから確認できます)

User-agent

どのクローラーに対しての設定なのかを明らかにする部分です。

  • 「Mediapartners-Google」はGoogleアドセンスの広告ターゲット情報のクローラー
  • 「*」は「すべてのクローラーに対して設定を適用する」という意味

Disallow

設定したディレクトリ以下・ファイルの巡回を拒否する部分です。

  • 「Disallow:」の右が空白であれば、全てのURLのクロールを許可するという意味
  • 「Disallow: /search」は「https://△△△.blogspot.com/search」および「https://△△△.blogspot.com/search/~」への巡回を拒否するという意味

Allow

設定したディレクトリ以下・ファイルの巡回を許可する部分です。

  • 「Disallow」で拒否した部分の一部を巡回許可できます
    仮に「Disallow: /search Allow: /search/label」であれば「https://△△△.blogspot.com/search/label」および「https://△△△.blogspot.com/search/label/~」は巡回OKとなります

Sitemap

ブログのサイトマップを選択する部分です。

  • 「https://(ブログのドメイン)/sitemap.xml」の形でOKです。

やごブログのrobots.txtの設定(18/12/18)

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent:*
Allow: /search/label/
Disallow: /*archive

Sitemap: https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml

「SEO的にはデフォルトのままでもOK」という意見も見かけるので、そのままでも問題ないかと思います。

ですが、デフォルトのままにしておくことで出てくるインデックスカバレッジの「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」の警告が気になって仕方ないので、その対応策として上記のように設定しております。

コピペ使用される場合は△△△の部分を自分のサイトに合わせてご使用ください。

追記:やごブログのrobots.txtの設定(19/03/11)

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent: Googlebot
Disallow:

User-agent: *
Disallow: /search
Allow: /

Sitemap: https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml
  • Google検索にインデックスするために巡回する「Googlebot」様にサイト内をしっかり巡回していただくために、3、4行目を追加しました。
  • 前回の「Allow: /search/label/」という設定により不必要なインデックスが行われてしまうため、デフォルト設定に戻しました。

変更後、インデックスに異常はなく、警告なども特に出ていません。

※Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

【Blogger】「robots.txt」の書き方・設定方法【2019年3月更新】

今回はBloggerの設定画面にある「独自のrobots.txt」の書き方についてまとめました。

Google検索に正しく表示してもらうために、適切に「robots.txt」を設定しておく必要があります。
コピペでOKなので、忘れずに設定しておきましょう。

Bloggerでrobots.txtを設定する方法

Bloggerでrobots.txtを設定する方法
(C)Google

1.Blogger管理画面で「設定」→「検索設定」と移動する

2.「クローラーとインデックス」の「独自のrobots.txt」の横にある編集ボタンをクリック

3.「独自のrobots.txtのコンテンツを有効にしますか?」と表示されるので、「はい」を選択

4.テキストボックスにrobots.txtのコードを入力し、「変更を保存」をクリック

(5.サーチコンソールで反映を確認)

robots.txtの設定内容について

こちらはデフォルト設定です。

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent: *
Disallow: /search
Allow: /

https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml
(サーチコンソールから確認できます)

User-agent

どのクローラーに対しての設定なのかを明らかにする部分です。

  • 「Mediapartners-Google」はGoogleアドセンスの広告ターゲット情報のクローラー
  • 「*」は「すべてのクローラーに対して設定を適用する」という意味

Disallow

設定したディレクトリ以下・ファイルの巡回を拒否する部分です。

  • 「Disallow:」の右が空白であれば、全てのURLのクロールを許可するという意味
  • 「Disallow: /search」は「https://△△△.blogspot.com/search」および「https://△△△.blogspot.com/search/~」への巡回を拒否するという意味

Allow

設定したディレクトリ以下・ファイルの巡回を許可する部分です。

  • 「Disallow」で拒否した部分の一部を巡回許可できます
    仮に「Disallow: /search Allow: /search/label」であれば「https://△△△.blogspot.com/search/label」および「https://△△△.blogspot.com/search/label/~」は巡回OKとなります

Sitemap

ブログのサイトマップを選択する部分です。

  • 「https://(ブログのドメイン)/sitemap.xml」の形でOKです。

やごブログのrobots.txtの設定(18/12/18)

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent:*
Allow: /search/label/
Disallow: /*archive

Sitemap: https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml

「SEO的にはデフォルトのままでもOK」という意見も見かけるので、そのままでも問題ないかと思います。

ですが、デフォルトのままにしておくことで出てくるインデックスカバレッジの「robots.txt によりブロックされましたが、インデックスに登録しました」の警告が気になって仕方ないので、その対応策として上記のように設定しております。

コピペ使用される場合は△△△の部分を自分のサイトに合わせてご使用ください。

追記:やごブログのrobots.txtの設定(19/03/11)

User-agent: Mediapartners-Google
Disallow:

User-agent: Googlebot
Disallow:

User-agent: *
Disallow: /search
Allow: /

Sitemap: https://△△△.blogspot.com/sitemap.xml
  • Google検索にインデックスするために巡回する「Googlebot」様にサイト内をしっかり巡回していただくために、3、4行目を追加しました。
  • 前回の「Allow: /search/label/」という設定により不必要なインデックスが行われてしまうため、デフォルト設定に戻しました。

変更後、インデックスに異常はなく、警告なども特に出ていません。

※Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

次に読まれている記事